肌荒れに良い食べ物

昔から肌に良い食べ物と言えば果物や野菜が挙げられてきました。肌のコンディションを保つには水溶性ビタミンが重要であり、これらを豊富に含む果物や野菜は肌対策としてうってつけです。その中でも具体的にどんな果物・野菜がいいか抑えていきましょう。

 

ビタミンには様々な種類がありますが、肌の調子を整えるのは主にビタミンB群・Cの水溶性ビタミンです。そして水溶性ビタミンは非常に多くの果物・野菜に含まれているため、特に品目を気にせずとも果物・野菜を意識して食べていれば十分に取れると推測されます。従って水溶性ビタミン以外の栄養素に目を向けてみましょう。

 

直接的な肌への効果が見込めるのはビタミンAです。ビタミンAは肌を直接的に作る際に役立つ脂溶性ビタミンであり、ビタミンAが不足すると皮膚や粘膜の形成に障害が発生します。ビタミンA不足で夜盲症になると言うのは有名な話と思います。

 

このビタミンA、レバーなど動物性の食材に含まれるのですが、動物の内臓などビタミンAが豊富な部位は含有量が逆に多すぎて、少量食べただけでも耐容上限量近い量を摂取してしまうことになります。例えば焼き鳥のレバー串一本それだけで耐容上限量よりやや少ない程度のビタミンA含有量です。

 

ビタミンAの過剰摂取は重めの過剰症があり、特に妊娠中は奇形の発生率が高まることが知られているため、女性にとっては意識して摂取しにくい栄養素です。

 

一方で必要に応じてビタミンAに変化すると言う性質を持った便利な栄養素もあり、これをビタミンA前駆体と言い、具体的にはベータカロテンなどがあります。

 

ベータカロテンは必要な分以外ビタミンAに変化しませんので過剰症の心配がなく、安全にビタミンAを供給できます。ベータカロテンは色の濃い緑黄色野菜、カボチャやほうれん草などに多く含まれるため、緑黄色野菜を意識して摂取すると肌荒れの予防解消に効果抜群です。