肌荒れを隠すメイク術

急にできてしまった肌荒れはとても対処に困るものです。肌荒れは治したいと言っても急に治るものではありません。とは言え、学校や仕事がある場合肌荒れをそのまま見せるのも抵抗がある人が多いでしょう。

 

そこでメイクで肌荒れを目立ちにくくするという方法があります。当然ながら肌荒れ状態の肌にあまり負担をかけるわけにはいきませんので、バッチリファンデーションを塗りたくって肌荒れを隠すと言う手は使うべきではありません。ポイントを抑え、隠したい部分のみをピンポイントで目立たなくしましょう。

 

まず、化粧下地として肌荒れ・ニキビ用に非常に便利なクリームがあります。それはBBクリームに代表される、油脂を補い肌を保護するクリームです。

 

今化粧品として売られているこれらのクリームは、炎症を抑え保湿を行う油脂類と日焼け止め、化粧下地、簡易ファンデーションがセットになったような配合になっています。このクリーム一本でも問題無いほどで、肌が荒れたときはぜひ活用したいものです。

 

BBクリーム等の上にさらに重ねたい人もあまりいないと思いますが、これらのクリームの上にさらにファンデーションを重ねたい場合は、リキッドファンデーションではなくパウダータイプを用いましょう。

 

肌荒れを起こした肌に優しいと言う意味もありますし、クリーム下地との相性も良いです。あとはピンポイントでアイライナーを使ったりして、肌荒れに目がいかないようピンポイントで濃い色を置いたりするとベストです。