肌荒れによる赤み、ヒリヒリの改善法

肌荒れに赤みやヒリヒリ感を伴う場合、肌が炎症を起こしている可能性があります。

 

この状態の肌は非常に刺激に敏感となっており、雑に扱うと炎症が悪化することもありますし、特に注意が必要なのはこの状態の肌にダメージを与えたり、細菌感染を発生させたりすると跡が残る可能性があるということです。従って丁寧に、かつ迅速にこの状態を鎮めなければなりません。

 

炎症の対処法と言えば、まずは冷やすことです。顔の場合は冷えたパックなどが非常に有効で、刺激の少ない天然素材によるパックを冷やして用いるのが特に効果的です。

 

炎症を鎮めながら栄養を補給し、皮膚の健康状態を取り戻すには一番と言えます。また体の内側からの対処法として、消炎剤が含まれる肌荒れ用内服薬もお勧めできます。

 

ビタミン+消炎剤と言う組み合わせは、肌荒れよりもむしろ口内炎の特効薬として売られていることが多いかもしれません。口内炎も肌荒れもどちらも同じように治す働きがあるため、これらを用いるのもそれなりに即効性が期待できます。

 

あとは、とにかく保湿をしっかりしましょう。強力な美容液などを多く使うのは、美容液の成分にもよりますが時として逆効果をもたらすことがあります。

 

美容液は強い効果を持つ一方で肌に負担をかけることもあります。

 

それより、化粧水をしっかり付けて必要ならば乳液も塗り、基礎化粧品をしっかり使って肌へのダメージを軽減しつつ休ませることで肌荒れ軽減効果を期待できます。そして十分に睡眠時間を取れば、数日で肌荒れは解消するでしょう。