肌荒れのときは化粧水をつけないほうが良い?

肌荒れの時に、肌内部に浸透する化粧水は付けない方がいい?と思う方もいるかもしれませんが、むしろ肌荒れの時にこそしっかりと浸透させたいのが化粧水です。ただし、成分には一応のチェックが必要です。

 

化粧水とは、精製水とグリセリンを中心とした水+保湿成分の混合物です。その中に商品によっては美容成分が入っていたりしますが、基本的な構成は変わりません。

 

一般的な例では親水性の非常に高いグリセリンを肌表面に纏わせることで水分を吸着させ、単に水を塗っただけの状態と比べて非常に長時間肌表面に水分を保たせることができます。

 

肌が荒れ表面の組織の機能が失われていると、保湿力も失われていることが多く乾燥しがちです。ですからここが修復されるまでは、むしろいつもよりきちんと保湿を行わなければならないということになります。

 

特に乾燥しやすい肌質ならば、乳液やクリームもしっかりと使うべきです。

 

ただし、そこまで気にする必要がある人は多くありませんが、多くの化粧水に含まれる尿素は若干の注意が必要です。

 

尿素は肌表面をピーリングするような働きがあり、肌表面の古い角質を一枚はがし若い肌を露出させる働きがありますが、肌荒れの場合これが肌に刺激を与えることがあります。

 

そこまで神経質になる必要のある肌荒れはあまりないと思いますが、もし気にするならば尿素を配合していない化粧品を普段から使うか、あるいは肌荒れ時用に用意しておくとさらに万全です。